18禁ゲームの最新情報についてはこのサイトにおまかせ!最新作から殿堂入りの作品まで、マストな作品だけを厳選してご紹介します。

DMMゲーム

og_banner04

DMMのゲーム一覧はこちらをタップ

萌川商店

og_banner03

萌川商店のゲーム一覧はこちらをタップ

にじよめゲーム

og_banner02

にじよめのゲーム一覧はこちらをタップ

HBOX.JP

og_banner05

HBOX.JPのゲーム一覧はこちらをタップ

18禁ゲームについて

18禁ゲームに関して、誤った解釈をしている方が多のではないかと思いますので、ここで解説をしていきたいと思います。
成人向けゲーム、いわゆる18禁ゲームとは、その名の通り18歳未満のプレイを禁止された性的描写のあるゲームです。
主にパソコンのソフトで流通していることが多く、パッケージも大胆なものが多いです。
しかし勘違いされては困るのが、全てにハードな性的描写があるわけではないのです。
18禁ゲームには抜きゲーと泣きゲーというものがあります。
前者はその名の通り、プレイ内容によっては男性の自慰行為のオカズになるようなハードな性的描写のあるもので、パッケージも他人には見せられないようなものがほとんどです。

「泣きゲー」というサブカテゴリ

後者はというと、ストーリーメインでゲームが作られており、シナリオの完成度も高く、プレイ中に感動してしまうような18禁ゲームのことを言います。
抜きゲーに関してはシナリオは重視されず、いかにエロいイラストでプレイヤーを抜かせるかに焦点があてられます。
しかし泣きゲーはシナリオ重視で、プレイヤーに感動を与えることに焦点があてられた18禁ゲームなのです。
両者の18禁ゲームの歴史としては、泣きゲーは歴史が浅く、まだ20年も経っていません。18禁ゲームのメインは性的描写なので当然です。
元祖泣きゲーといえば何なのかということになりますが、泣きゲーの分類が公式的なものでなく、あくまでプレイヤーが感動したものに対して泣きゲーと呼ばれるので難しい話です。
私的な観点から言わせて頂きますと、泣きゲーの元祖は「kanon」かと思われます。Key作品の第一作目と登場し、麻枝准さんの名前を世間にしらしめた伝説の18禁ゲームの作品であると言えましょう。

家庭用ゲーム機やアニメなどに移行も

また泣きゲーと抜きゲーの違いとしては、過剰な性的描写が無いため、パソコン向けソフトだけでなく家庭用ゲーム機への移植が容易なことも挙げられます。
性的シーンを削ってもストーリーに差支えがないところが特徴的です。
同じようにテレビアニメ化が出来るのも泣きゲーの強みでしょうか。
最近で言えばリトルバスターズやWHITE ALBUM2などがアニメ化された18禁ゲームとして挙げられます。

Copyright © 18禁ゲーム情報館 All Rights Reserved.